空を飛べる オンラインゲーム

空を飛べる オンラインゲーム

じゃあ……他っ

空いてる日はないですか?」「……、え、と?」 内容が見えない彼に首を傾げると、男子は思い出したように笑った

「好きなんで付き合ってください」 ――順番が逆だった気がするが

 優樹は「……な、なんだか変な人だな」と感じながら断ろうとしたが、その前に相川がザッと彼女の前に出て間に立った

「駄目だ

先輩はおまえとは付き合えないし遊べないからな

誘っても無駄だぞ」 威嚇するように睨んで告げる相川に男子はキョトッとし、じっとりと目を据わらせると、フンッと無愛想に背を向けて待ち構えている男子たちに駆け寄った

「馬鹿だなおまえー」「もっとマシな言い方あるだろー」と、愉快げな話し声が耳に届き、勝則は怪訝に眉を寄せ、同じように顔をしかめている優樹を見下ろした

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン スロット 天井ゲーム数
「本気か冗談か、よくわからない人たちですね」「う、うん……」「あんなの冗談に決まってる!」 相川は眉を吊り上げると不愉快げに胸の前で腕を組んだ

あなたも好きかも:パチスロ ゲート 天井
「っていうか、先輩に告って来る奴は全員冗談!」「じゃあおまえも冗談だったのか」 いたずらな笑みで訊く勝則に、「オレは本気だバカ野郎!!」と逃げる彼を追い掛ける

あなたも好きかも:sammy パチンコ アプリ
そんな相川に優樹はパチパチと瞬きを繰り返し、吹き出して苦笑した

 ――なんだか周りが忙しない気はするが、“春だから”仕方がないのかもしれない

 奇妙な考え方だが、そう考えると少し納得するのはなぜだろう

 春は出会いの季節だから、かも

 いろいろと始まるのが、春だから

「あー……

放課後、進路相談かよー」 ぐったりとした様子で洋一はため息を吐いた

 やさぐれていた日から数日経った、昼休みに入ってみんなで集まった部室――

昼食後、それぞれ仕事に出掛けて残っているのは優樹と洋一のみだ