スロット 学園黙示録

スロット 学園黙示録

 たった一日ぶんでも、先に読んでから「今日のぶん」を書けば、最低限「昨日書いたぶん」と同じものは書かずに済みます

「企画書」「あらすじ」「箱書き」「プロット」を経ていても、「昨日書いたぶん」を読み直してから「今日のぶん」に着手すると作品のトーンが統一できるので便利です

 すべて書き終わってから分割して投稿していくスタイルで行くのなら、章が書き終わったら章単位で内容のまとまりを確認します

するとその章では「なにを書いていてなにを書いていないのか」が明確になるのです

あなたも好きかも:パチスロ リング 終焉 の 刻 ゾーン
 小説にムダは要りません

まったく同じ内容を繰り返し書いても「手抜きだな」としか思われないのです

 逆に「たいせつなものが書かれていない」なんてことも発生します

とくに伏線は、張ったと思い込んでいて実際には張っていなかったら、それは「謎」ではなくなるのです

唐突に「出来事」が発生してしまいます

 たとえば「予震」が発生してから「本震」が起こるのが小説の展開です

「予震」もなくいきなり「本震」が起こるなんてことは小説の展開ではあってはなりません

あなたも好きかも:pia パチンコ バイト
「予震」も一度だけでなく二度でも三度でも発生させれば、誰もが来たるべき「本震」を迎え入れる準備を整えます

伏線がないと読み手の期待を裏切る つまり小説で「鉄板の展開」をしたいのであれば、鉄板の「予震」を必ず書いておくべきです

あなたも好きかも:青い パチンコ
 たとえば「勇者の実の父親が魔王だった」という「本震」を起こしたいとします

それなのに「実の父親」にはそんな素振りがいっさいない、などあってはなりません

「実の父親が胡散くさい」とか「実の父親に不穏な動きが見られる」とか

必ず「予震」を起こすべきなのです

 勇者が四天王と戦って辛くも勝利する