マネトレ

マネトレ

カイスウハ、ゴカイメデス」静かな駆動音と共に部屋の白壁が照明に照らされる

あなたも好きかも:スロット ルパン三世 消されたルパン 銭形ステージ
「キートナルナガレビトニタイ、シトナナタイソウグウカクニン

 ロックレベルヲミッツカイジョシマス」思念の部屋に入ると、必ず入る機械音声のアナウンスが無機質に情報のロックレベル解除を告げる

タガグロと手を繋いだままで、菅の出現を待つ

あなたも好きかも:株式会社ダイエー パチンコ アルバイト
五分ほど待って、様子がおかしいことに気づく

いつものように菅の思念体が、出てこないのだ

「どしたんやろうか……」「分からん……」真っ白な壁を見回しながら二人でとにかく突っ立ったまま待つ

そのまま十分くらいすると不意に目の前の空間に砂嵐が現れて、そしてそれは次第に人の形になっていった

いや、人ではない

マシーナリーだ

リサやグラスハウスで見たジンタイと似たような銀色のマネキンの様なツルっとした体を持ち、真っ赤な瞳の一つ目と半月が横になったような口元の不気味な表情が張り付いているマシーナリーの思念体が出てきた

あなたも好きかも:パチンコ はまり 警察
そのマシーナリーは身体を二つに折り曲げて俺たちに頭を下げてくる

「ど、どうも……」「よ、よろしく」二人で戸惑いながら頭を下げ返すと、そのマシーナリーは言葉を発する

「資格者様、お初にお目にかかります

大いなる翼の操縦士のマカエルと申します」「……ん?操縦士って言いました?」「はい

操縦士です」「たっくん……」手を繋いでいるタガグロが不安そうに俺を見る