スロット 店の癖

スロット 店の癖

あと敬語じゃなくても良いですよ? 私は元々こう言った口調ですので」 まだ動揺が取れない状態のアスワド

あなたも好きかも:スロット6号機 最高出玉
話を反らそうとしている

周に居る魔族達とレイ、エマ、フォンセ、リヤン、キュリテはライとアスワドのやり取りに唖然としていた

「……あ、あのぉ……一つ良いですか? アスワド……さん?」 そして、このままではアスワドがずっと動揺した状態になってしまいそうな為、レイは挙手してアスワドに尋ねる

あなたも好きかも:パチンコ レッドライオン
「え? あ、はい

構いませんが? あと敬語じゃなくても……まあ良いですか……」 突然の言葉に動揺が収まり、返事をするアスワド

 人や動物は感情が激しくなっている時、物音などによってそれが静まるというが、魔族のアスワドにもその理屈が通じるのだろう

魔族だから通じないという訳ではないが

 反応を示したアスワドに対し、レイは言葉を続ける

「幹部って確か……結構重要な役割ですよね……? こんなところでのんびりしていても良いのですか?」 レイが気になった事、それはアスワドが幹部という立場で自由に行動している事だ

あなたも好きかも:みさお スロット 動画
 幹部というのはその街を治めるのが仕事

なので、適当にブラブラしている時でも変装などせずに有《あ》りの侭《まま》である姿を見せて行動するものなのだ

 何故なら、幹部が居るだけでその街はある程度平穏が保てるからである

 しかしアスワドの姿は街の魔族達も詳しく知らないようで、その名前を聞いてようやく気付いたような様子だった

 それに加え、アスワドは身体を幼くして行動していたのだ

要するに、自《みずか》らの姿を現さず、隠すような行動を取っていたという事

 レイが気になったのは、何故アスワドは自分の身分を隠しているのかという事についてである

「えーとですね……やっぱり幹部の仕事というものは中々大変で……まあ言ってしまえば私の我が儘《まま》です

なので側近にも言わず、こっそりと抜け出して魔法で姿を変えて……ってこれ以上は言えません……」「あ、そうですか……」 殆《ほとん》ど言っていた様な気もするレイ