ナイアガラフォール

ナイアガラフォール

「ちょっとついておいで」 イスラは何か言いたげだったが、ペトラは強引に彼のズボンの裾を掴み、人気のないところまで引っ張っていった

人払いをしてくれたサイモンに目配せする

サイモンは声は出さず、口の動きだけで「頼む」と伝えた

 ディルムンの城壁の周囲には、他の煌都にも見られるように民家がいくつも建てられていた

今となっては風化して屋根も崩れてしまっており、いつ倒壊してもおかしくはない

 その分、込み入った話をする場所としてはこの上なく適当な場所と言えるだろう

 ペトラは、転がっていた石材の上にちょこんと腰を下ろした

あなたも好きかも:矢部あや パチスロ
イスラは壁際にもたれかかり、腕を組んでいる

あなたも好きかも:ゼロ パチスロ
「カナンから聞いたよ、例の話」 彼女がそう切り出しても、イスラは「そうか」と呟くのみだった

あなたも好きかも:スロット イベント 神戸
 だが、服の袖はあちこち破れ、流れた血が点々と染み付いている

それに対して平然としていること自体が、彼の異常を物語っていると、ペトラは思った

「大丈夫かい、あんた」 他の者がしたのと同じ質問を、ペトラもまた繰り返していた

イスラの返答は変わらなかった

「……途方もない話だと思うよ

それに、エデンがあたしらの期待したような場所じゃないかもしれないってのも、正直言えばがっかりだね」「ああ」「あんたは、迷ってないのかい?」「迷う理由なんて無いよ

あいつの先祖が何だろうと、そんなことはどうだって良い