レネゲイド ミリオネア

レネゲイド ミリオネア

 皮膚から煙が上がっていた

「防ぎ遂せなかったかい」「…………」「十全じゃないってか」「そっちも、そんな感じだけど」 樹影の中から進み出て来る

 暗紫色の髪の少女が現れた

 ウィクトリムは託ち顔で迎える

「戦う気?」「そのつもりなんだがね」「やめときなよ」 やれやれと首を横に振る

「吾輩には勝てないよ」「どうかね」 余裕綽々とした態度に

あなたも好きかも:ぱちんこ 賞品
 しかしチゼルもまた不敵な笑みを向ける

 背負った歪な大剣を片手で執り、軽く一振りした

 ひょう、と風を切る

あなたも好きかも:北海道 パチンコ 営業してる 店
 その音にウィクトリムが眉を少し動かした

 胸裏に違和感が芽生える

「君、本当にチゼル?」「そうだけど」「ふうん…………何だか、剣聖みたいだけど」「一々ボクと剣聖を重ねるなよ

ボクを見な、ウィクトリム」「何それ、求婚?」「おまえさんがボクに勝てば、そうしても構わんよ」「悪い冗談だ」 ウィクトリムが立ち上がる

 チゼルは剣を構えた