シェラトングランドマカオ カジノ

シェラトングランドマカオ カジノ

あなたも好きかも:パチンコ ペルソナ4
「……なら他に戦える人物と戦うのは? 少なくともセージはダメだ

そもそもセージは冒険者でパーティーを作っていてそこのリーダーだ

複数人で戦う方がその強さを樹善と発揮できる

一対一な時点で強さとしては弱体化している

だからそれ以外の誰か……強い人物をこちらから出すのは?」「うーん……それなら……」「リーンさん

ちょっとあまり要求しすぎるのはやめておいた方が……」「え? なんで?」「いえ、なんで……ではないです

あなたも好きかも:クレア スロット 声優
私たちは一冒険者なんですから……」 リーンよりもフラムの方がはるかに理性的でまともである

それゆえにかなり胃を痛めつつ会話を聞いている……そしてあまりにも国、王相手に気安く相手の方に譲歩を求めるような要求をするリーンに対して流石にそろそろやめておいた方がいい、と言う

リーンは一冒険者、高ランクであるとはいえ一介の冒険者でしかない

それなのに国を治める一番上の人物相手にいろいろ要求するのは……立場的におかしい、とフラムは想わざるを得なかった

「あまり気にしないでいい……と言って気にしないではいられないか」「……はい」「別に気にしなくても」「リーンさんは気にしてください」「……うう、ご、ごめんなさい」「……なら一方的ではない、ならいいか

あなたも好きかも:パチスロ 喧嘩
勝敗……戦いの結果でそちらが負けた場合、こちらが何か要求できる、というのは?」「……内容次第なら」 一方的な要求、相手にこちらの意見を飲ませるからダメ、という話だから問題であり、公也の側に今回の戦いを行う上でのメリットがあるなら……まだ少し話としては納得いく、という感じだろう

もっともそれでもフラムとしては微妙に感じるものだが

仮にリーンが勝ってもこちらから要求をのませたことの代価を支払う必要があると考えている

そもそも勝ち負けの問題ではないのだから

 そして勝手に話を進めている公也

ハルティーアの方に話が届いているのに先に公也が対応し勝手に色々決めて……彼女としては頭が痛いかもしれない

まあ別にこのことに関しては国同士とか重鎮同士の話とかそういうものではなく、ただの一冒険者が国所属の冒険者と戦いたいというだけの要求である

そういう点ではその内容はそこまで深く難しく考える必要のないものである