化物語 スロット ハイモード

化物語 スロット ハイモード

何だか緊張してしまいますね

対戦相手の彼方さんと向かい合っているからです

この試合に勝てばフォース・ステージ入りが確定します

ついこの間まではファースト・ステージにいたのに

気が付けばセカンドとサードを乗り越えて、終盤のフォース・ステージまで到達する勢いです

あなたも好きかも:スロット 北斗 天昇 雪
もちろん負ければサード・ステージのままなのですが、100位を越えられるかどうかはこの試合の結果次第になります

「まさか他にも『吸収』の能力者がいるなんてな」憎しみのこもっているような瞳で彼方さんは私を見つめています

あなたも好きかも:パチンコ ルパン 消されたルパン
以前に総魔さんと何があったのか知りませんが、それほど『吸収』という能力に対して深い怨みでもあるのでしょうか?彼方さんの視線から逃げだしたくて視線を逸らした私の視界に芹澤先輩の姿が映りました

「せっかくだし、私が審判してもいい?」尋ねながらも堂々と試合場を歩き続ける芹澤先輩はどう見ても私達の意見を聞くつもりはないように見えるのですが?どうなんでしょうか?「好きにすればいいさ」彼方さんが認めたことで、芹澤先輩は笑顔を浮かべたまま試合場の中央に立ちました

あなたも好きかも:パチンコ ストリート ファイター 曲
「じゃあ、二人とも準備はいいわね?」尋ねる芹澤先輩に頷く私と彼方さん

この状況で試合を止める理由はありません

「おっけ~!じゃあ、始めましょうか」芹澤先輩は右手を頭上にかかげました

「行くわよ!試合…開始っ!!」 そして芹澤先輩が右手を振り下ろすのとほぼ同時に、彼方さんが魔術の詠唱を始めました

あうぅぅ~

私も攻撃しなければいけません