スロットは勝てない

スロットは勝てない

それで誓約を完了とする」「………なぬ

解雇の自由が失われております」「当たり前だ

あなたも好きかも:壬生 パチンコ バイト
そもそも使い魔の契約は本来、終生のものしかないのが一般的だぞ

その契約を解除するのは、使えない使い魔を廃棄する為に殺す時くらいなものだ」「……………そうなのですか?」「………知らなかったのか」どこか遠い目をするアルテアが少しだけ不憫になって、ネアはその腕をぽんぽんと叩いてやった

(だから、アルテアさんを解雇したと話した時に、ディノ達があんなに怯えてしまったのだわ……………)それならそうと、もっと早くに誰かに教えて欲しかったが、幸いにも大事故にはならなかったので良しとしよう

まず間違いなく、ダリルは全てを知った上で焚きつけた確信犯である

「さてと、………そろそろ、枝が配られ始めたな」アルテアがそう言うと、ダナエが振り向いた

「話せたかい?」「ああ

………何だ?」「また使い魔に戻ったんだね

………契約を結んだばかりの魔術の匂いがする」「…………匂いで分かるのは、お前くらいだろうな」「そうなのかな?」匂いで何があったのかを理解してしまったダナエにアルテアは呆れた様子だったが、ネアは誓約の最中、盾になってくれていたダナエにきちんとお礼を言った

あなたも好きかも:パチスロ スパ4
一緒にいたバーレンは不思議そうな顔をしているので、こちらの動きには気付いていなかったらしい

「また守って貰うことにしました

ダナエさんも、有難うございます」「うん

あなたも好きかも:和泉府中 パチンコ イベント
ネアは小さくて幼いから、何かあったらみんなで守らないと」「…………いや、何があっても一人で倒せそうな気もするが……」バーレンばかりは、きりんの恐怖から過剰にネアの偉大さに恐れ入ってしまっているようだが、とは言えネアは決して事故知らずの豪傑ではない

寧ろ危うい要素が多いからこそ、こうして心を傾けて力を貸してくれる隣人達が頼もしいのだ

「…………と言うことは、もう安心してまた春告げの女王になっても良いのでしょうか?」「お前の可動域で、咲かせられるならな」「むぐ!そこは、使い魔さんが死力を尽くして満開にするべきなのでは……」「何でだよ

それと、今年は変に目立つな

スリジエの力も主軸としている場で、一人だけに付与されるものは得ない方がいい」「むぎゅう………