solex スロット

solex スロット

 そして、その健闘を祝福するように、左後方で太陽に勝る発光が射しこんでくる

 祭りの花火かと思ったが、目の前にいる少女の歪む表情と声から、すぐに違うと分かった

「め、迷宮が……」 僕は視線をクウネルから外さないが、方角は北東

あなたも好きかも:鬼武者 スロット テンパイボイス セリフ
 迷宮の世界樹が聳え立っていた場所で、魔法の光の柱が昇ったようだ

 その光は、この世界樹よりも高く神々しく、今日一番だったと、見ずとも感じる

 おそらく、使徒様組が迷宮内で共鳴して、史上最高の神聖魔法を使ったのだろう

 光を味方のように背中に据えて、ゆっくりと僕は歩き出す

 その接近に、クウネルは表情を歪ませ続けてはいられない

無理やりにでも冷静を表情に張り付けて、この状況を冗談めかして口にしていく

あなたも好きかも:pci スロット 故障
「……へっへっへ、シッダルク卿の言う通りみたいやね

あなたも好きかも:ブラックジャック 二人三脚
迷宮の管理を清掃員ちゃんが放り投げちゃったから、慌ててノイ様が代行してる

……あの人、使徒大好きなディア様怒らせて、どうする気なんやろ? あーぁ……」 他の場所を見ているような発言は、足元の血を利用しているからだろう

 ファフナーをして、最も『血の理を盗むもの』に合う(・・)と言わせた少女だ

 クウネルは《ウォーター・ワイヤー》で拘束されたままだが、この『終譚祭』全体の感想を吐き出していく

「あぁ、もう……

どこもかしこも、流れが狂ってる

……でも、いつだって会長はピンチの時こそ一番強かった