スロット 宇宙戦艦ヤマト

スロット 宇宙戦艦ヤマト

みんな、お父しゃんやうちたちの大事な仲間やで

 小さいけど一緒に戦ってきた素敵な人たちや」右手で背中を抱える

ナーニャはタガグロの背中から出てきて「私、ナーニャ」と恥ずかしそうにワハに右手を差し出し、二人は握手をした

あなたも好きかも:ps4 オンラインゲーム やり方
さっそくワハから大いなる翼での生活や銀海老やにゃからんてぃたちの紹介を受けているナーニャの背中に飛び乗ったナンスナーが俺を見て、真面目な顔で指を差してくる

「おい、タカユキ

ナンスナーさんに何か言うことが あるんじゃないのかね」一瞬、戸惑ったがすぐに何を言って貰いたいのか思い出してそう言えば感謝を告げてなかったと、慌てて「ナンスナー、タガグロの命を……」と言いかけると、ナーニャがハッとした顔をして肩に乗っているナンスナーを見て「えっ、そんなことが……」真っ青な顔をする

あなたも好きかも:パチンコ 熱い日 東京
ナンスナーは驚いて「お、おい……ナンスナーさんはまだ何も言っていないぞ

 ナーニャちゃんだっけ?どうした?」「なっ、なんでもない……」「ナーニャどしたん?」俺と共に、タガグロも心配そうな顔で真っ青な顔の娘を見つめる

「なっ、なんでもないよ

あなたも好きかも:スロット ハウスビッグタイム
大丈夫」タガグロはすぐに近寄って、ナーニャを後ろから抱きしめながら「大丈夫なんやで

心配いらんよ

 お母しゃんとお父しゃんがしっかり守ったるからな」「あ……ありがと……落ち着いた……」「ふむ……まだ若いな……ナンスナーさんが鍛えよう

 ナーニャ、ナンスナーさんの弟子になれ」ナンスナーは何かを勘違いしたようで、ワハの肩に飛び乗ってナーニャにビシッと指を差す

「えっ……」「わはー師匠ーまた弟子ですかー」ワハはニコニコして煽る

ここに居るえびまんや、にゃかまん そしてワハ、さらに言うとタカユキもタガグロも すでに私の弟子だ」いつの間にか門閥が出来ていたらしい

にゃからんてぃは銀海老の背中で両手振り上げてにゃーにゃー言いながら抗議している

納得していないらしい

俺とタガグロは苦笑いしながら見守る