ドカタ パチンコ

ドカタ パチンコ

それに、内心で彼らと会話出来ているみたいだね

なら、戦闘を行うのは君自身じゃなくて君に宿る者とお見受けしても……?」「構わない」 リヤンの言葉を聞き、リヤンの意識も共有出来、宿る者たちの力だけで話してはいないと理解するグラオ

あなたも好きかも:パチンコ 肩甲骨
 たったの数言でそれを即座に理解するグラオは、やはり常人よりもずば抜けて早い思考回路を持ち合わせているようだ

「オーケー、なら話は早い

君だけの力なら万が一楽しめずに殺してしまう可能性があったから、手加減しようとしていたよ

あなたも好きかも:まどかマギカ スロット 目押し必要
けど、その人達の力なら……君よりも遥かに上だ

つまり、手加減しなくても良いって事だね?」「良いんじゃない?」 グラオ曰く、リヤンだけの力ならば自分に劣り、グラオ自身が楽しむ為にも手加減していたらしい

だが、突如としてリヤンに宿ったナニか

そのナニかが居るので手加減せずとも楽しめると考えたようだ

 警戒はしている様子のグラオだが、何よりも楽しむ事が第一優先なのだろう

 そんなグラオの言葉に対し、流すように答えるリヤン

 リヤン的には、グラオが手加減しようがしなかろうがどうでも良いと思っているのだろう

「じゃ、遠慮無く……」 刹那、グラオは天変地異の起こる空間を駆け出し、一瞬にしてリヤンの前へ姿を現した

あなたも好きかも:パチスロ 楽シーサー30φ
 元々目の前に居たのだが、その距離を秒も掛からずに詰めたという訳だ