スロット 福島駅

スロット 福島駅

そんな彼女を見ていると、セツナの心に火が灯った

「……よし」 セツナは、覚悟を決めると、アスラの背後に回った

きょとんとする彼女に構わず、肩を抱き寄せ、姿勢を崩した瞬間に足を抱え上げる

あなたも好きかも:天童市 パチンコ 宝島
アスラがめずらしく可愛らしい悲鳴をあげたが、気にも止めずに地を蹴っていた

そして、空洞の中に身を投げ入れる

大樹の空洞は、ウィレドの巨躯が悠々と通れるくらいに広い

セツナがアスラを抱えたまま飛び込んでも、なんの問題もなかった

あなたも好きかも:パチンコ 北見 イベント
「セ、セツナ様!?」「これなら、飛び込む勇気なんて必要ねえだろ」「それは……そうですが」 アスラは、セツナの腕の中で、なにやらもじもじしていた

「お姉様に知られたらと想うと、気が気でなくて……」「はあ?」 アスラの妙な心配を他所に、セツナは、大樹内の暗黒空間を重力に引きずられるまま落下していく感覚に冷や汗が噴き出すのを認めた

あなたも好きかも:パチンコ 牙狼 金色になれ 信頼度
全身総毛立つのも当然だ

眼下には果のない暗黒だけが広がっており、無限に続く闇の中を落ち続けているような錯覚さえ脳裏を過ぎった

アスラも、恐怖からかセツナの首に腕を回し、離れまいと力を強める

「どこまで落ちるのでしょう!?」「そりゃあ、地底まで」 暗黒空間をただひたすらに落ち続けるのも束の間だった

突如として、セツナの肉体を引きずり降ろさんとしていた重力が薄れたかと想うと、浮力が体を貫くような異様な感覚があった

そして、つぎの瞬間、セツナたちは暗黒空間の先に閃光が走るのを見た

「――だろ」 閃光は、セツナの視界から暗黒の闇を消し飛ばすとともに、眼前に幻想的な情景を映し出していった