スロット 名称

スロット 名称

 ミリアがいっていた新たな依代とは、魔晶人形だったということだ

ミリアがそこまで心を痛めていなかった理由がわかる

あなたも好きかも:ルーレット マーチンゲール
魔晶人形たちには、ウルクのような人格もなければ自我もない

命令を聞いて行動するだけの、まさに人形そのものなのだ

あなたも好きかも:パチンコ 回る打ち方
だからこそ、アズマリアも依代にしやすかったのかもしれない

 そうこうするうちにゲートオブヴァーミリオンの門扉が開いた

身構える余裕もなかった

あなたも好きかも:2 の つく 日 パチンコ
ファリア自身、止まれなかったということもある

そして、開いた扉の向こう側が見えたとき、ファリアは、思わずアズマリアを一瞥した

アズマリアは、なにもいわなかった

ただ、目だけでファリアを促すのだ

ファリアはうなずき、ゲートオブヴァーミリオンの中に飛び込んだ

仇敵だというのに疑いもしなかったのは、武装召喚師としての腕前は信用していたし、なにより、アズマリアがセツナにとって不用意なことはしないということを理解していたからだ

 ミリアはいった

セツナは希望の光なのだ、と

アズマリアがそういっていたのだ、と

つまり、アズマリアにとってセツナは必要不可欠の存在であり、彼に害をなすようなことはありえないのだ

それがセツナの周囲の人間にまで及ぶのかどうか、わからない

 だが、いまはそんなことをいちいち考えていられる余裕はなかった