pso2 カジノ 武器迷彩

pso2 カジノ 武器迷彩

  ろくでもない人間は世の中多いけど、これ程のケースは久し振りである

 これ以上相手にする気になれないし、しても無駄だろう

 そう思っていたら、周りにいた群衆を掻き分けて何人かがやってきた

 一人は矢田局長

 後は自警局の人間だろう

  それとも、もう一人

「何してるの、あなた達」  金切り声を上げる、グレーのスーツを着た年輩の女性

あなたも好きかも:兵庫 パチンコ 特定日
「……もしかして?」「多分、その理事さんよ」  苦笑気味なサトミの眼差しが向けられるが、女性は男を介抱するのに必死で周りが見えていないようだ

「大丈夫っ?」「あ、ああ」「誰、誰がこんな事をやったの」 ますます大声で叫ぶ女性

あなたも好きかも:パチスロ 一枚がけ
 男は恥ずかしさと屈辱で顔を赤くしつつ、それでもショウを指さした

あなたも好きかも:パチンコ バンバン 向ヶ丘
「あなたっ

一体どういうつもりで私の子に、こんな事をやったの」「彼が警棒で殴りかかってきたので、それを叩き落としただけです

怪我はしていないと思いますが」「そんな事、分かる訳無いでしょうっ」 しかしどう見ても男に怪我はなく、瞬間の痛みと驚きでうずくまっただけだ

 女性にとっては、それすら耐えられないようだけど

「とにかくこの件に関しては、正式な調査をしてもらいますからね」「女の子に絡んでいた自分の息子が、逆上して他人に殴りかかったって?是非、そうして下さい」「何を言ってるの、あなたは」「目撃者なら、周りに幾らでも」 鼻を鳴らし、私達を取り囲む群衆を指さすケイ

 それに対し、すぐさま同意の声が上がる

 「う、嘘だ

俺は、そんな事やってない」 平気でそう言い放った男に、女性は真剣な顔で頷いた