中川 マルハン スロット

中川 マルハン スロット

油断などする訳が無いからな」『そうか、それが分かれば良い……!』『古来より正々堂々とした戦闘を望む我ら、真面目に戦うつもりならば関係無い!』 迫り来る天狗達を前に、爪を鋭く伸ばし構えるエマ

 次の刹那に刀と爪が火花を散らし、金属音を響かせて光の軌跡を描く

あなたも好きかも:チェンクロ スロット 終了画面
 一瞬一瞬にてエマと天狗達の体勢が変わり、高速で爪と刀が入れ違い互いが互いを切り裂く為に加速する

 上下左右から攻める天狗と、両手両足でそれをいなすエマ

あなたも好きかも:パチスロ 沖ドキ モード
 エマと天狗達がぶつかる一方で大きな土煙が晴れ、フォンセと一匹の天狗の姿が露になる

「"雷《サンダー》"!」『"霆《いかづち》"!』 次いで放たれたのはフォンセの雷魔術と天狗の神通力

 その二つはぶつかり合い、閃光と電気を上空に走らせ目映い光が視界を埋め尽くす

 下手すれば失明し兼ねない程の閃光だが、フォンセと天狗──烏天狗は二つの雷光に照らされ、一部が白く一部が陰る

「丁度良い、この雷霆《らいてい》……借りるぞフォンセと敵よ」『『『…………!?』』』 その瞬間、発生した雷を使い相手の天狗──木の葉天狗に霆《いかづち》をぶつけるエマ

 感電した木の葉天狗達は空から落ち、ガサガサと木々を揺らして地に着くような音が響いた

『ほう、魔術、神通力関係無く天候ならば操れるのか……ヴァンパイアというものは恵まれているな』「余所見をするなよ、烏天狗?」『ああ、無論だ』 エマを見やる烏天狗と、それに向けて話すフォンセ

 烏天狗はフッと笑ってフォンセに言い、扇を仕舞い腰に携えられていた刀を取り出した

あなたも好きかも:シュタゲ スロット やめどき
『ヴァンパイアはまだ幾つかの木の葉天狗と戦っているが、それも時間の問題