ボナンザ パチンコ 横浜

ボナンザ パチンコ 横浜

真夏の太陽ほどの激しさはないにせよ、日の光に似た輝きを発していた

見つめていることもかなわない

あなたも好きかも:jj ツイッター スロット
「俺は、なにも……」 セツナは、エリナの笑顔から目を逸らすと、視線をベッドの上に這わせた

真っ白なシーツには汚れひとつ見当たらない

あなたも好きかも:パチンコ 分析 エクセル
テントの中は、ファリアの言った通り病室そのものだった

「いいえ!」 力強い声音に驚いて、セツナは、ファリアに目を向けるしかなかった

彼女の顔から笑みは消えており、真摯なまなざしがセツナを見据えていた

 息を呑むほどに真剣な彼女の表情は、束の間、セツナから痛みを忘れさせた

「セツナ、あなたは大変なことをしたのよ? カランを焼き、多くの人命を奪った武装召喚師を打倒する――そんなこと、どこのだれができるというの? わたしは間に合わず、警備隊の連中なんて当てにはならない

騎士団の出動を待っているなんて、とても無理な状況だったわ」 ファリアが、まるで自嘲するように言った

声音に秘められた激情は、彼女の嘆きであるのかもしれない

「あなたは、それをたったひとりで為したのよ

身を焼かれ、命を落としそうになりながら、それでも、あなたはランス=ビレインを打ち倒した

これは賞賛されるべきことよ

あなたが彼を打倒しなければ、今頃、マルダールかクレブール、あるいは王都ガンディオンが、この街の二の舞になっていたわ

それは間違いない」 確かに、彼女の考え通りなのかもしれない

あのとき、セツナがあの男――ランス=ビレインを昏倒させなければ、彼は、カランが灰になる前に姿を消していただろう

逃げ果せたランス=ビレインが、別の街に火を放つのは想像に難くない

 彼が狂人であろうとなかろうと、そうするだろう