偽物語 スロット 初打ち

偽物語 スロット 初打ち

「ヒルドさん、この影絵のようなものは何なのでしょう?先程は、小魚を追いかけて漁をしていました」「ああ、これは栞の魔物です」「栞の魔物?」相変わらず派生理由が謎の魔物に、ネアは胡乱気な眼差しをペンギンに向ける

あなたも好きかも:日本 に カジノ は 必要 か
ペンギンは可愛らしく首を傾げたが、残念ながら一度そう見えてしまった以上、もう中年男性にしか見えない

「このような特殊な魔術を織り込む本には、本の虫が派生しますからね

それを狩り、食べてくれる便利な魔物ですよ

普段は、生まれた栞の中に住んでいて、慎ましく暮らしているようです」「その栞なら先程見ました!一戸建てで、お風呂も厨房もある、素敵なお家でしたよ」「…………おや、」ぽわりと、ペンギンのお腹が金色に光った

ヒルドの声に視線を向けて、ネアはお腹を光らせたペンギンに目を丸くする

ぽわぽわと光ったペンギンは、その光を体の中から持ち上げるようにして、短い手でぺいっと放り投げる

「…………これはもしや、祝福?」その光の球を投げつけられたネアは、ふわりと体の底が暖まるような、馴染のある感覚に声を上げた

危険はないのか、特に止めることもなくその様子を見ていたヒルドが、小さく頷く

栞の魔物は、時々気に入った者に、手にした書の力を手に入れる祝福を授けるんですよ

ネア様は気に入られたようですね」「ご自宅を褒めたからでしょうか?」ネアに祝福を与えたペンギンは、気持ちよさそうに書架を泳いでゆき、数匹だけ影を見せた小魚を発見してから猛追にかかっている

あなたも好きかも:2027 スロット 新台
「かもしれません

堅実な魔物だそうですから」「と言うことは、あの小魚が本の虫なんですね」「ええ

あなたも好きかも:プロ パチスロ
番人である栞の魔物がいない古い書架では、あの小さな虫が鯨になることもあるそうです」「見てみたいような気もしますが、あまりいい状態ではないのでしょうか」「気になるようであれば、今度探してみましょう

見せて差し上げますよ」そこで、ヒルドの視線がふっとネアの手元に落ち、表情が強張った

「ヒルドさん?」「…………いえ