ガルパン スロット カツムービー

ガルパン スロット カツムービー

「さあ、続きと行こうか……?」「ッハハ、それはテメェの台詞じゃねえよ……!」 クイッ、とライが掌《てのひら》を自分の方に動かし、挑発の動きをする

ゼッルは苦笑を浮かべて返した

 ──そしてその刹那、「オラッ!」「ホラッ!」 両者は掛け声と共に脚を薙ぎ、回転して蹴りを放つ

 ドンッ! とぶつかった爆風でライとゼッルの周りに砂煙が舞い上がり、二人の脚が止まった衝撃でその砂煙は全て消え去る

 互いに一瞥し、その場から姿が消えたような速度で動くライとゼッル

あなたも好きかも:新宿駅 パチンコ 優良店
「ハァッ!」「ダラッ!」 ドゴォンッ! と互いに似たような攻撃を与え合い、腕が、脚が、拳がぶつかり合う

 二人の一挙一動で空気が震撼《しんかん》し、小さなクレーターを造り出す

あなたも好きかも:ミスティーノ 入金
 全てを消し去る魔王の力と、それと互角の魔術

それらが起こす運動はさながら自然災害のようだ

「"水《マイヤ》"!!」 少し距離を取り、ゼッルが大量の水を放出する

 先程放った水とは比べ物にならず、小さな津波を彷彿とさせる程の量だ

「魔術は効かないって言っているだろ!!」 ライは拳を突き出して正面の水を消し去り、ゼッルに向かう

が、「"炎《ショーラ》"!!」 次いでゼッルは炎を繰り出した

「そんなもの……! ……!?」 ライはその炎を消そうとしたがしかし、ゼッル狙いはライでは無かった

 ゼッルが水を繰り出してからまだ一瞬も経過しておらず、その水に向かって炎を放出したのだ

「……! な……まさか……!!」 それを見たライはゼッルの狙いが分かった

 ゼッルはクッと笑い、ライに向けて言う

「……ああ、此処は科学の街

"イルム・アスリー"……俺が今起こしたのは……──水蒸気爆発だ……!!」 カッ、と『炎が水に引火し』、灼熱の火炎を当てられた水は高熱を持ち、気化する