6 月 スロット 新台

6 月 スロット 新台

「はっ!!」モモカは凛々しい表情に戻り「いっ、今のは無しだ……おはよう

 守りきったぞ

忍者は不眠の術も習得しているのだ」と眠そうな半目でドヤ顔してくる

分かった分かった

と思いながら「もういいから、ちょっとでもいいから寝とけよ」「おう

あ、あの……布団使わせてもらっていいか?」部屋を見回すとモモカの布団にはなんとミチカミが寝ていた

それならば仕方が無い

「ああ、いいぞ

あなたも好きかも:東大宮 パチンコ バイト
好きに使え」さっそく、布団に入りながらモモカは「やったぁ、ご主人様のお布団、良い匂い……気持ちいいです……あっ、違う

あなたも好きかも:北斗の拳 てんしょう スロット 天井
 独り言だ……今のは無しだ」「頭が本格的におかしくなる前に さっさと寝とけよ

睡眠は大事だぞ」俺が言っている途中で、彼女は気持ち良さそうに布団の中で寝てしまった

不眠の術とかいいながら、かなり無理をしていたらしい

あなたも好きかも:キャッツアイ 期待値 パチンコ
しかし大丈夫かこいつ……新種の変態をまた拾ってしまったんじゃないのか……と不安になりながら一回の水場に顔を洗いに行く

ロウタとミチカミが起きて部屋に朝食が運ばれてきても、まだモモカは布団の中で寝ていた

仲居さんたちに断って動かさないようにする

仲居さんたちが去って、三人で朝食を食べ始める

ロウタに昨日の事を話すと「そうなんですか……モモカさん、一晩タカユキさんの枕元で……」「まともかと思ったんだが、もしかしたら変な奴かもしれないな……」「どうでしょうか……気に入った人に深く奉仕することが気持ちよいタイプの 人間なのかもしれませんよ」「えーと、つまりドエムってこと?」「そうとも言いますけど……」「単純なドエムじゃないような気がするんだよな……」もう少し複雑そうである

まあ、とにかくドエムだろうが何だろうが美射みたいに、いきなり襲い掛かってはこなかった