シュタインズゲート スロット フリーズ

シュタインズゲート スロット フリーズ

あなたも好きかも:モンスター スロット 月下
でなければ自分たちに無双する怪物相手に立ち向かうはずはない

流石にただ遭遇しただけならば逃げるだろう

しかし、己の所属する集団の危機ならば、その危機に向かい立ち向かうことは珍しくもない

もっとも……その相手が、強大な放浪魔であり、それゆえに一方的な蹂躙を、殲滅を、破壊を受けている

 冒険者たちとしてはゴブリンの集団がいなくなるということは実にありがたいことであるが、代わりに自分たちの住んでいるところの近辺に放浪魔が来ている、となると逆に困る話になる

あなたも好きかも:スロット まどか 叛逆 穢れ
放浪魔とゴブリンの集団ならばまだ後者の方が対処がしやすいからだ

数は力だが、弱い無数の力と強大な単一の力ならば、冒険者たちの集団は同じ数で対抗できる弱い無数の力の方がやりやすい

あなたも好きかも:バカラ 連続 確率
それに放浪魔は上位の冒険者でなければ倒せないような強さを持っていることが多い

それゆえに、この状況を確認した彼らはすぐに戻ることを決意する

「おい、帰るぞ」「あ、ああ……魔物がいなくなった原因、もしかして……」「恐らくはあれだろうな

潰されたか、逃げたのかはわからん

だが、それよりもまずはあれについて伝えないと……」「そうだな……でも、うちの街にあんなのに対抗できるのいるか?」「…………最悪、多少の被害は避けられないかもな」「げっ……」 放浪魔を相手にする場合、その放浪魔が向かう方向にある町全体で対抗するようなことは珍しくない

それで大きな被害を出してでも倒すか、あるいは小規模の被害だけで相手を逃げさせるか、それともそもそも放浪魔が街に近寄らずに去るか、それはその時次第である

彼らのように魔物の観察を行う仕事はこういった放浪魔の発見を目的としているものでもあったりする

まあ、放浪魔はその強さゆえに、観察してその存在を確認する前に彼らに近づき、襲ってしまうことも珍しくない