カジノ 三カ所

カジノ 三カ所

 いままでは、エリひとりで買い出しも担当していたのだ

「どれくらい増えるかな?」「さすがに倍は増やせませんが、五割ほどは増やせると思います」「なるほど

わかったわ」 エリの説明に、サラサが一度頷いてから売り子担当のふたりを見た

 エリから聞いた情報をもとに、サラサは頭の中で今日の様子をシミュレートして、今日の予定について話し始めた

あなたも好きかも:嘘 喰い パチンコ セグ
「昨日も話した通り、多少余裕のある午前中にある程度のことは教えるね

あとは昼時を超えてしまえば、二時間ほどで売り切れると思うわ」 いままでの経験からサラサは終了の時間をはじき出した

 勿論、客足によっては外れることもあるのだが、いまではほとんどひっきりなしに客が来る状態なので、外れようがないともいえる

「今日は大きな休みが無しで疲れると思うけれど、その分早く上がれるから我慢して頂戴」 申し訳なさそうに手を合わせるサラサに、もともとそうなるだろうと話を聞いていた売り子組ふたりは、勢いよく首を左右に振るのであった

今話でもわかる通り、どちらかといえば買う方ではなく売る方の視点での話になっています

あなたも好きかも:show by rock パチンコ 潜伏
まあ、塔のほうを主体に持ってきているので、ある意味当然なのですが

要望があれば、閑話で買う側の視点を書こうかなと思います

ちなみに、カレーの一晩おいて云々は、運営上の理由もありますので、絶対ではありませんw(家庭用の少量生産ではなく、大量生産していますしね)

あなたも好きかも:大海物語 4 スロット
新たに人員を加えてから半月後

 人が増えたために生産と販売量が増えたのと、目新しさが無くなったのが相まって、屋台に並ぶ人数は落ち着きを取り戻していた

 勿論、絶対数は増えているので、人気が落ちたわけではない

 そして、このころになると、当然のようにその人気に目をつけてどうにか同じようなものを作れないかと尋ねてくるような者も増えてきていた