ピク ナル スポーツ

ピク ナル スポーツ

 文学小説における「テーマ」としても、作中で「肉親を殺された主人公は、犯人をどうしたい」と思うのか

「犯人を殺したい」「犯人を死刑にしたい」「犯人に罪を償ってほしい」「犯人に改心してもらいたい」「犯人に事実を話してもらいたい」「犯人の本音を聞きたい」「犯人の境遇に同情する」といった答えを提示するのが文学小説なのです

 以上が「殺人」に対する「テーマ」となりえます

 文学上なら「犯人の境遇に同情する」類いの被害者家族がよく現れるものです

 しかし現実的に考えると、やはり少なからず「処罰感情」はあります

 それでも「綺麗事」を書くのが文学小説なんですね

「処罰感情」があるとそれは文学小説ではなく、大衆小説になってしまうおそれがあります

あなたも好きかも:入間 スロット ネイビー
 これは私の偏見が多分に含まれていますが、文学小説は「綺麗事」で出来ているのではないでしょうか

あなたも好きかも:期待 値 ギャンブル
 人を殺した犯人の背景を書くことで、「犯人の境遇に同情する」人物が犯人に寄り添うというような現実にはありそうにない状況が生まれて物語を展開させる

 それによって犯人が良心の呵責に耐えきれなくなって自首したり自刎したりする

 そんな「綺麗事」を臆面もなく書けるのが、文学小説の書き手なのだと思います

あなたも好きかも:パチスロ 動画 実践 無料
 だから私には「殺人」に対する「綺麗事」で出来ている文学小説は書けません

 どうしても「処罰感情」を禁じえないからです

大衆小説のテーマ 大衆小説における「テーマ」とは、「なんのために行動していくか」だと思います

「意中の異性と一緒になりたい」のなら恋愛小説

「犯行に及んだ人物を捕まえたい」のなら推理小説

「戦乱の世を平定したい」のなら歴史小説や戦記もの

「入り組んだ人間関係を整理したい」のなら青春小説