ワイルド・ジェットスター

ワイルド・ジェットスター

ハークドックは恐らくどこかの部屋に転がっているのだろう

 沈黙が重いと感じることは時折あるが、自分がその中心となるのは初めての感覚だ

とりあえず俺からでも話を振るとしよう

「俺が息子だと気づけたのは、俺に父親の面影でもあったか」「ええ、特に目元がお父さんそっくりよ」「父は生きているのか?」「……貴方を連れ去られた日に、悪魔に殺されたわ」「……そうか」 そんな予感はしていた

もしも産みの父が生きているのであれば、多少過酷な状況でも協力することができる

あなたも好きかも:スロット 評価 ランキング 2016
ラクラを孤児院に預けようとは思わなかっただろう

 育ての親であるベグラギュドを殺された時と比べ、これといって何も感じることができない

薄情……いや、ベグラギュドから植え付けられた人間への憎悪を考えれば、喜びの感情を持たないだけマシなのかもしれない

「今は冒険者をやっているのね?」「そうだ、と言いたいが今は同胞と共に行動をしている」「同胞?」「今はメジスにはいない

あなたも好きかも:京橋 パチンコ ジェネシス
ガーネの方で緋の魔王の軍勢に対抗する手段を模索している」「そうなの……危ない仕事なのよね?」「どうだろうな

今も前線で敵を牽制している兵士に比べれば敵との遭遇率は低い

いざという時は戦うがな」 実力だけで言えば俺達を前線に送り、戦わせた方がより多くの敵を倒せることは言うまでもないだろう