ヘネシー リシャール バカラ

ヘネシー リシャール バカラ

「―――――――!?」「ど、どうしたの?」 キッチンで朝食を作っていた最愛の妻のお腹が―――――――膨らんでいた

 それだけではなく、何と彼女は右手と腰の後ろから伸びた柔らかい尻尾で料理をしながら、左手で赤毛の赤ん坊を抱き抱えていたのである

あなたも好きかも:広島 の パチンコ
 リビングの椅子に座っている子供と、彼女が抱き抱えている子供

そしてラウラのお腹の中にいる、もう1人の子供

「あ、あれ? 子供って3人も作ったっけ?」「何言ってるの? 3人だけじゃないわよ?」「……………えっ?」 も、もっといるの? 何人だ? 4人くらいか? そう思っているうちに、とん、と階段の方から足音が聞こえてきた

やっぱり4人か、と思いつつ首を傾げていると、その足音がどんどん増え始めた

 足音が1人分から2人分になり、どんどん分裂していく

キメラの発達した聴覚でも段々と増殖していく足音を感知しきれなくなってしまう

 ちょっと待て、いったい何人子供がいるんだ……………?「ら、ラウラ……………?」「いっぱい作ったじゃない」「い、いっぱい…………?」 赤子を抱えていた妻の目が、どんどん虚ろになっていく

あなたも好きかも:スロット 2000年代
優しそうな微笑が段々と狂気に侵食されていくかのように豹変していき、最終的にラウラは赤子を抱きしめながら不気味な声で笑い始めた

 どんどん増えていく子供たちと、不気味な声で笑う妻に挟み撃ちにされ、段々わけがわからなくなっていく

 そして―――――――階段の上にある子供部屋から降りてきた子供たちが、リビングへとやって来た

あなたも好きかも:25000ユーロ
「パパ」「パパ」「パパ」「パパ」「パパ」「パパ」「パパ」「パパ」「パパ」「パパ」「パパ」 虚ろな目つきでこっちを見ながら、俺を呼ぶ子供たち

 廊下からやって来た子供たちの顔は、最初にやって来た赤毛の子と全く同じだった

 もしここに銃があったら自分の頭に向けて引き金を引いているだろうな、と思った俺は、そのまま気を失う羽目になった

「…………」 なんだ、あの夢は

 額の汗を拭い去りながら、無数の子供たちが廊下から顔を出していた光景を思い出し、反射的に部屋の入り口にあるドアを振り向く

タンプル搭の居住区にある部屋には鍵が標準装備されているし、就寝する際は必ず鍵をかけるようにしているので、強引にドアをぶっ壊そうとしない限り侵入されることはないだろう

既にカノンやステラには鍵をかけていても容易く侵入されているので困っているが