Demi Gods II 15 lines

Demi Gods II 15 lines

……トイレの花子さんって話し知ってますか? ……それが三番目の」「きゃーっ!!」 突然華音が叫んでみんなはビクッ! と肩を震わせて驚いた

「いやいやいやいやっ! かのん、聞きたくなーいっ!!」 耳を塞いで、ギュッと目を閉じ背中を丸める華音に、みんなが目を据わらせる

 鈴菜は困った顔をして、ため息を吐きつつも華音から話しへと気を向ける洋一を見た

「ちょっと怖くって……

もう、一人でお手洗いにもいけないし……

あなたも好きかも:パチスロ モード
何か、解決方法があるならって思ったんですけど……」 洋一は困惑し続ける鈴菜から優樹へと目を移した

「どうする?」と空気で問うと、優樹は「んー……」と、胸の前で指遊びしながら考え込んだ

あなたも好きかも:スロット サイレント ヒル 評価
「トイレの花子さんとは関係ないと思うけど……

三番目のお手洗いを使うのには、何か訳があるのかも……

悪戯にしては悪質だね」 優樹は深く息を吐いて頷いた

「調べてみようか」「おっ!! 仕事や仕事!!」 大介が嬉しそうに身を乗り出し、それを見た優樹はニッコリと笑った

「じゃあ……、大介君に任せようかな」 大介の顔が一瞬にして凍った

「……へ?」「この依頼、頑張って片付けてね」「……ち、ちょい待て

……オレ一人でか?」「助っ人はたくさんいるよ」 自分を指差す大介にそう笑うが、周りのみんなは助太刀をしたくないらしく、視線を合わそうとはしない

占い師から“警告文”が届いている事件だ

関わり合いたくないのは山々だろう