カジノ ギャンブラー

カジノ ギャンブラー

掻き回して楽しい?」「楽しいわね

お馬鹿をいじめるのと同じくらい」 真琴はニヤリと口の端を上げて胸の前で腕を組んだ

あなたも好きかも:パチンコ 大当たり
「糸原と安藤華音に何があったかなんて知らないし、別に知りたくもないけど

あなたも好きかも:ガイヤ パチンコ
でも……糸原に喧嘩を売ったのは間違いなさそうね? 挑発にでも乗ったの?」 華音のことで疑い掛かって本格的に探っている、そのことで確信したのか、鋭い目を向ける真琴に反町は間を置いて鼻から息を吐き出した

あなたも好きかも:グラディエーター パチンコ 曲
「どうとでも思えばいい

……ただ」 反町は睨むように目を上げた

「先生の本当の姿がどうのこうのは後回しだ、そんなもの

……嘘だろうと冗談だろうと、脅したり、貶したり、馬鹿にしたり、……そんなヤツに甘い顔をする気は毛頭ないんでね

だったら、ボコって本当のことを吐かすまでだ

徹底的に付き合ってやる」 怒りを露わに吐き出され、真琴はニッと笑った

「これがお馬鹿だったら、またメソメソしてたんだろうけど

……いいわね、その覚悟」 真琴は「フフッ」と笑って組んでいた腕を解いた

「まあ、精々大怪我しないようにね

奉仕屋解散が決まって、“あいつら”も寂しそうにしていたみたいだし