ブラックジャック オオカミ少女 病名

ブラックジャック オオカミ少女 病名

 まさか、ウィッチアップルじゃないよね…………? 以前にそれを食べて幼児の姿になってしまったことを思い出した瞬間、俺は口へと運ぼうとしていたリンゴを静かに皿の上へと戻し、ぞっとした

もう既にいくつか食べてしまったので手遅れかもしれないが、たっぷりと食べるよりはまだマシかもしれない

 それに、普通のリンゴかもしれないし

 ウィッチアップルはダンジョンの中でしか育たない希少なリンゴだから、そう簡単には手に入らないだろう

きっとこれも普通のリンゴに違いない

あなたも好きかも:日本 カジノ ラスベガス
 だ、大丈夫だよね…………? とりあえず、書類を片付けよう

多分これは普通のリンゴだから、大丈夫だ

 目を覚ますと、いつも甘い香りがする

 石鹸と花の香りを混ぜたような甘い香りの中で眠っているのは、私の可愛い腹違いの弟

いつもテンプル騎士団に所属する兵士たちや住民たちのために頑張ってる時の表情はエミリアさんみたいに凛々しいんだけど、眠っている時の寝顔はとても可愛らしい

あなたも好きかも:4.3 ルーレット
 えへへへっ

やっぱりこの子は女の子みたい

あなたも好きかも:スーパーマン パチンコ マックス
 すぐ傍らで寝息を立てている最愛の弟を抱きしめると、甘い香りがより濃密になる

 前まではあまりこの子の役には立てなかったけど、最近はナタリアちゃんのおかげで料理もできるようになったし、少しずつ役に立てるようになってると思う

やっぱり料理ができないお嫁さんよりも、美味しい料理が作れるお嫁さんの方が嬉しいよね

 そうだ、今度は他の家事にも挑戦してみようかな

できることが増えれば、きっとこの子も喜んでくれると思うの

 彼の頬にキスをしようと思って、顔を近づけようとしたその時だった

 左手の肘の辺りが、柔らかいものに触れたような気がしたの