ゼノブレイド2 アシストコア スロット

ゼノブレイド2 アシストコア スロット

例えば――私の正体とか?」「魔王の犬以外にあるのか?」「……」 水晶の先の相手の言葉が止まる

周囲の沈黙も重くなる

「……そのような考えに至った経緯をお聞きしたいものですね」「簡単だ、お前が察した通りこの本を解読した」 ラクラが驚きの顔を繰り返す

そういえば騙したままだった

今でなければ非常に楽しめる顔なのだが、ここはグッと我慢しよう

「それはそれは……いかなる内容でしたか?」「とぼけるなよ

あなたも好きかも:埼玉 日吉 スロット
内容を知っているから解読ができると宣言した男を殺すように手配したんだろうが」「いえいえ、ハッタリかも知れませんからね」「関係がバレたら不味いのか

魔王に魔族にでもしてもらうつもりだったのか?」「なにを――」「言葉に力が入っているぞ

余裕を見せろよ黒幕」 今ラーハイトは間違いなく苛立ちを覚えている

あなたも好きかも:ジェイソン パチンコ 甘
それは水晶越しにも伝わってくる

「怒らせるのが目的と言うわけでもないから合わせてやる

本の内容だがこれはこの世界に現れた魔王、その四番目である『蒼の魔王』のことを記した手記だ

厳密には『蒼の魔王』を生み出した後の観察記録と言った方が良いか」 そう、この本の内容は書かれていた表題、サンプル4号『蒼魔王』調査記録から読み取れる通りのものだった

「大まかに説明すれば元々人間だった者を蘇生魔法で蘇らせ、魔王にした人物がその後の魔王と接触した記録だ

しかもご丁寧に四体目と書いてやがる

少なくとも四人の魔王は全て同一人物の干渉によって生まれた存在ってわけだ」 まず書かれていたのは魔王となる前の人生についてだ