aタイプ おすすめ

aタイプ おすすめ

あなたも好きかも:コードギアス 反逆 パチスロ
 神々よりも神々しいのは、当然といえた

「どうしたんだ? 呼んでくれ

兄上と」 レオンガンドは、そこに拘ったが、リノンクレアは、頑なにそう呼ばなかった

「……しかし、陛下

あなたも好きかも:蒼天 パチンコ 曲
それでは示しがつかないでしょう」 臣下の礼を取ることで距離を置き、心を落ち着かせる

相手は、神々の王なのだ

存在感だけで圧倒的かつ絶対的であり、ただ面と向かっているだけだというのに精神がすり減っていくような、そんな感覚があった

背筋が凍るとはまさにこのことだろう

これまで感じたこともないような緊張感が、リノンクレアを襲っている

 だが、レオンガンドは、気にした風ではない

あなたも好きかも:パチスロ 大工の源さん~桜満開源dream~
彼自身、こちらに圧力をかけているつもりなどはないのだろう

ただ、そこにあるだけだ

池の畔に佇み、こちらを見ているだけのことなのだ

たったそれだけのことで、普通の人間は心をすり減らし、負けそうになってしまう

 それが、神々の王たるものの面前ということなのかもしれない

「リノン

君がここにいるのは、わたしを補佐するためじゃあないのかい?」「補佐?」「そう、補佐」 彼は、当然のようにいったが、リノンクレアにとっては想定外の言葉だった

「ネア・ガンディアは、わたしが目覚めてからというもの、加速度的にその版図を広げ続け、いまや世界最大の勢力であり、国家となった