スロット 大和高田

スロット 大和高田

」途中まででもお家に近づければ何とか一人で帰れます

「お願いします♪」「…ふんっ!」精一杯の笑顔でお願いしてみると、霧華さんは恥ずかしそうな表情でそっぽを向いてから商店街の外に視線を向けました

「で?結局どこに向かえば良いのよ!?」…あ、うん

「私のお家はね…

」ポケットに仕舞っている住所を書いたメモを霧華さんに見せてみると、霧華さんはすぐにどの辺りなのか分かったようでした

「あぁ~

あなたも好きかも:ネッテラー サインイン
あの辺りね

」「知ってるの?」「まあ、町の中なら大抵知ってるわ

」「すご~いっ!それじゃあ、どこにでも行けるの?」「どこでもってわけじゃないけど

迷子のお馬鹿に比べれば遥かに行動範囲が広いでしょうね

」…あぅぅ~

そこを言われてしまうともう何も言い返せません

あなたも好きかも:弱虫ペダル スロット 撤去
「ごめんね

」「別にどうでも良いわよ

…って言うか、年下の私に道案内をしてもらうなんて、正真正銘のお馬鹿よね?」…う~ん

…そうかも

自分でもそう思います

「もっと頑張るね