煩悩ブレイカー スロット

煩悩ブレイカー スロット

勝手に壊されると困る」 反逆者の町となってしまったことで、ハッセは神官長の中でどのように扱っても良い町となり、わたしの教材となってしまったのだ

「ハッセは、ローゼマインが人動かすことを覚えるため、自分の望んだ結末を得るため、犯罪者を裁くことを知るため、そして、自分の行動がどのような影響を及ぼすのか考えるための教材だ」「……教材ですか?」「あぁ、そうだ、ユストクス

ローゼマインがハッセを消すのは嫌だと言うから、消さずに済むように反町長派を作り、育て、反逆者である町長を孤立させるという課題を出した

今回はその町長とその一派を処分するのだ」 フッと笑った神官長の言葉にエックハルト兄様が不可解そうに眉を寄せて、わたしを見た

「白の建物に攻撃を加えるような平民はただの害悪ではないか

あなたも好きかも:スロット エウレカ3 周期とは
取り除くのが正しいだろう? ローゼマインは一体何が嫌なのだ?」 エックハルト兄様の言葉からもわかるように、わたしと貴族では常識が全く違う

 うーん、とわたしは首を捻りつつ、自分の常識を述べてみる

「わたくしの知る常識では、領主は民を守るためにいるのです

町一つを、多くの民を簡単に消してしまえるという考え方はどうにも理解できません

あなたも好きかも:パチンコ 綱取物語 動画
命を消すよりも、反省させ、生かした方が良いではありませんか」「生かす? 何のために?」 本気で理解できない、と言うようにエックハルト兄様は眉を寄せた

「貴族にとって平民は税の担い手なのでしょう? でしたら、税を納めてもらえば良いと思ったのです

わたくしが養父様に提案したハッセへの罰は十年間の増税です」「……ふぅむ

あなたも好きかも:愛媛県 パチンコ 営業
平民と貴族では根本が全く違うのだな」 わたしが兵士の娘だったことを知っているエックハルト兄様は、常識の違いを貴族と平民の違いだと考えて、ゆっくりと顎を撫でる

「確かにローゼマインの言うように、領主は民を守っている

魔力を満たし、生きる場所を与えているのだからな

税を納めることで、領民と認め、居住を許可しているが、守るべきは従順な民だけだ

領主の恩恵も知らぬ反逆者など、生かしておく必要もない」 領主は魔力を与え、土地を活性化し、人が生きるための環境を作り、保っている

領地に住んで、領主の魔力、貴族の魔力の恩恵を受けておきながら、反逆の罪を犯したのだから、消されても当然だとエックハルト兄様は言った

「ですが、ハッセ周辺の農村の者を含めれば千人ほど、除外するにしても、ハッセの町民だけで二百人近くいるのです