スロット giga

スロット giga

"ほう、早速"初恋"か"(思えば、エリファスさんはあの時、誰に初恋をなさったんでしょうね)身体はすっかり魅力的になったが、あの頃と変わらない様にもみえる優しい傭兵の"娘"がやって来てくれてた、数日後―――

エリファスに、黒い"靄(もや)"が、まとわりつき始めたのが執事には見えた

(これは、一体何でしょう?)判らないけれど、"良くない物"という事だけは、ロックには判る

ただ、エリファス自身は気がつかず、そういった事に鋭そうな、ピーン・ビネガーの才能を引き継いだと思われるアプリコットも気が付かない

執事が何気無しに尋ねても、エリファスは顔を少しだけ赤くしながらも、特に身体の不調を訴えるような所はみせなかった

それは、日々エリファスに、彼女がこの土地に来てからまるで降り積もるように、周りにまとわりついていく

けれどエリファスは何ともないといい、アプリコットも何も気が付かない、そんな中で執事はある事に気がついた

やけに、領主邸が静かに―――静かすぎると感じられた

あなたも好きかも:s-1グランプリ パチスロ
アプリコットが領主を代理として引き継いで、カリンが逝去してごたごた続きでの代替わりだったが、その間、あの煩い"娘達"が何かと難癖をつけてきていたのが、いつの間にか治まっている

あなたも好きかも:ゴールデンキング
(いつも、何かに難癖をつけているような方達なのに?)物凄く、嫌な予感がした

『あ!、ロックさん』『―――エリファス様』屋敷の廊下で胸騒ぎを抱える最中に、黒い靄を抱えているが、普通に大きな胸を揺らしながらエリファスが手紙の様な物を物を手にしてやって来る

ロブロウに住んでいる女性なら、仕事でも無い限り、男性を呼び止めたりしないので、ロックは慣れない呼び掛けにまだ少しだけ、驚いて彼女が来るのを待っていた

『アプリコットから、許可を貰ってはいるんだけれど、ロックさんに一度相談しようと思って』『はい、何でしょう』エリファスが手紙を見せながら、執事に"自分の跡を継がせた弟子"に、領主の用心棒を初仕事としてさせたいと考えているという話を聞いた

『それでね、兄弟なんだけれども、弟の、アトの方に障がいがあるんです』『―――ご兄弟で、弟さんの方ですか』仕事を探してはいるが、平和な時勢で傭兵としても長期のものもあまりないし、キャラバンの方も大きな商家は、専属に契約を結んでいたりとあぶれてしまう

そして、何よりやはり弟の事が、兄にあたる少年のネックになっている