各務原 パチンコ

各務原 パチンコ

平気だからっ

だから下ろしてっ!」「……今更無理です!」 すでに、両足を付いて踏ん張り支えている

ここで優樹を下ろすにしてもその方法がない

あなたも好きかも:ダンメモ カジノ コツ
 仁王立ちした状態でしっかりと優樹を抱き上げ耐える相川に上島は吹き出し笑った

「すっごいなあ

そういう手があったなんて

……でも、保たないんじゃないかなあ

残り五十分」 上島は残念そうなため息を吐いた

「頑張りは認めるけど、無謀な賭けに出ましたね」「こ、このまま続けていたってっ……先輩が保たないっ」 相川は呼吸を乱しながら足に力を入れた

「だったらっ……オレが全部責任持ってやる!! もしっ……もし先輩がおまえにヤラれてもオレが責任持って先輩を絶対幸せにする!! オレが先輩を見捨てない!!」 強く言い切る度に腕に力が入る、そんな彼に優樹は目を見開き戸惑った

あなたも好きかも:パチンコ 新潟 店
「でもっ……だからって負けないからな!! 先輩はオレが守ってやるんだからな!!」「ホント、健気だなぁ」 上島は情けない笑みを浮かべて深く息を吐いた

「あなたのような人、僕、結構好きですよ

真っ直ぐで

単純で」「だったらこのゲームを中断しろ!!」「それはそれ

これはこれです」 あっさりとした上島に、相川は「くっそーっ!」と不快げに漏らす

 優樹は相川に抱えられた状態で目を泳がせた

「あ、相川君……」「……心配しなくても大丈夫です」 お互い上手く顔を見ることは出来ないが、相川は励ますように笑った