パチンコ 看板 パ

パチンコ 看板 パ

求めてくるのは当然のことでは?」「まあ、そうだな

だが、あって当然の存在であるその神殿が、この塔には無いのだよ」 当初の考助の予定では、塔を攻略する冒険者を呼び込めさえできれば、それでよかったのだが、現在はそのような段階は既に通り越していた

 人や物が多く流れていき、急速に発展している

 アレクを中心として、行政府まで形になりつつある現在の第五層は、人の数だけではなく、既に町として機能し始めていた

 これほどの規模の町に、神殿が一つもないというのは、きわめて異例と言える

あなたも好きかも:パチンコ 40万勝ち
 考助が、シルヴィアの方を見て聞いた

あなたも好きかも:火 サス パチンコ
「一応聞くけど、この世界でここほどの規模の町に神殿が無いことってある?」「まあ、まずありませんわね

たとえ小さな村でも、新しくできれば、神官か巫女を派遣して・・・・・・そういう事ですか」 シルヴィアもようやく納得したように頷いた

いずれはここの町にも神殿は作らなければならない」「だが、その神殿を管理する神官や巫女は、必ず必要になってくるな」「しかもこれほどの規模の町になってしまえば、神殿もそれなりの規模になるだろう

あなたも好きかも:豊丸 パチンコメーカー
当然それに見合うだけの神官や巫女も必要になる」 考助たちが口々に言い立てる言葉に、シルヴィアは苦虫を噛み潰したような表情になっている

「その神官や巫女を派遣してもらえるように、コウスケさんが頭を下げに来るのを、神殿側は待っている、と」 シルヴィアは、巫女であるのだが、神殿の事となると時々この様な表情をするときがある

 以前神殿を訪れた時も思ったのだが、過去に何かがあったのだろうと考助は考えている

 だからと言って、詳しく聞き出そうとは思わないのだが

 話す必要があるのであれば、いずれ話してくれるだろうと考えている

「いや、神殿にしてみれば、別に頭を下げに来ても来なくてもどちらでもいいのだろう」 アレクのその言葉に、考助も頷いた

「だろうね

来ないなら来ないで、この層の住人が神殿を求めて、何か行動を起こすことも見越してるんだろうね」「まず間違いないだろう」 神殿にとっては、どう転んでも神殿の必要性を知らしめるいい機会になる

 とは言え、考助達にも手が全くないわけではない

 その方法とは、「私が表に出ましょうか?」 と進言したコウヒである