水戸黄門3 パチンコ

水戸黄門3 パチンコ

「売られるのではないですか?」「誰を相手に?」 その答えに、シュミットはハッとした表情になった

「ね? 意外に困るよね? だから相談したかったんだ」「・・・・・・確かに困りますね」 考助の言いたいことを完全に理解したシュミットは、思わず唸るように返事をした

「取りあえず僕が持っておきたいから一冊は複写してもらうとして、後はどうするか考えてもらっていい? こっちでも考えるから」「分かりました

あなたも好きかも:パチンコ やめ られ ない 女
じっくり考えてみます」 こうしてセシルとアリサの知らない所で、二人が書いた本は重要な扱いになっていくのであった

というわけで、販売先に困ることになったセシルとアリサの本でした

大量生産が出来て単価が安くできればいいんですが、そうそう簡単には行きません

ちなみに本文でも書きましたが、考助の頭の中には印刷機を作るような知識はありませんので、活版印刷に関する知識チートは期待しないように願いますw

シルヴィアはラゼクアマミヤの居城で、客人を迎えていた

 傍にはリリカも控えている

あなたも好きかも:バカラ 京都 伊勢丹
「ご無沙汰していましたね

神殿長」「巫女様もお元気そうで何よりです」 シルヴィアの挨拶に穏やかに笑って答えたのは、ミクセンの神殿長の一人であるローレルである

 ラゼクアマミヤが出来た前後は、ゴタゴタしていたが現在はそれなりに良好な関係を築いている

 ミクセンの三神殿側が考助を神殿内に祀ることを決めてから、適度な距離を置いて付き合うようになったのだ

 神官や巫女を神殿内に置けなどと言う要求は、現在ではされていない

 こうもすんなり関係が改善したのには、大陸内における考助の現人神としての認識が高まったことに起因している

 新しい神であるがゆえに、新しい祀り方もあるものとして神殿側にも受け入れられたのだ

 今では第五層にある神殿に、ミクセンの三神殿はもとより大陸にある他の神殿の神官や巫女も清掃に来たりしているほどなのだ