ハッピー ボックス パチンコ

ハッピー ボックス パチンコ

あなたも好きかも:アントニオ 猪木 が 伝説 に する パチスロ 機
「さて、タガネ」「なに」「俺とはここでお別れだ」「な、何で?」「俺は夢だからだよ」「…………?」「正体なんてモンはあってはならない

そういう決まりがある」「……誰が決めたんだ」「戯言と一緒だ

気にすんな」「でも」「覚めた夢の内容をいちいち憶えてるか?」「…………いや」「そんなもんだ」「…………」「何だ?あんだけツンケンしといて今さら消えると惜しくなるか?我儘なところは子供なんだな、安心したぜ」「消えたら、アンタはどうなる?」「また誰かの夢、として現れるかもな」 イオリの笑い声が聞こえる

 タガネには彼がどんな顔をしているかわからない

「俺は人の夢であり、おまえの夢」「…………」「この一年、おまえは微睡んでいただけだ

いずれ目を覚ます

夢の吐く世迷い言も、すべて――」「忘れない」「…………ん?」「長くて、嫌なほど忙しい夢だったから」「ふはっ」 タガネが小さく呟いた

 イオリも思わず噴き出す

「そりゃ何より」「…………」「さて、暇乞いが辛気臭くなるのもあれだし、最後は預言者らしく、だ」「…………?」「タガネ、おまえは勘がいい

あなたも好きかも:流山 パチンコ 優良店
悪い予感、もしくは焦臭い……だなんて思ったら、そりゃおまえにとっての試練が待ってる」「試練」「避けるも良し、挑むも良し

ただ、避けにくいことを予告しとこう」「意味無い、それ」「意味はある、きっとな」「…………」「では

運が良ければ、また会おうぜ」「もう懲り懲り」「おまえが望む限り、俺は何処にでもいるよ」 イオリの声が脳内に反響する

 手が離れて、開かれた視界から――彼の姿は消えていた