パチンコ アロー cm

パチンコ アロー cm

 そう、その増援部隊が作戦地域に到着したというのである

しかも、数は800人

 頼みのA-10Cは帰りの分の燃料しか残っていないため、ありったけの武装を駐屯地に叩き込んだら撤退してしまうという

まあ、わざわざラガヴァンビウスの飛行場からここまでやって来てくれたのだから、かなりの距離だ

あなたも好きかも:爆サイ 須賀川 スロット
支援してくれる時間が短すぎると文句を言うわけにもいかない

『ウォースパイトよりタンプル塔へ』「どうぞ」 ほらな

俺たちの出番だ

『36cm砲の支援砲撃を要請する』「了解(ヤヴォール)、もう既に発射準備はできている

砲弾の種類及び砲撃地点の座標を転送せよ」『了解(ダー)

砲弾はMOAB

あなたも好きかも:うみねこのなく頃に スロット 打ち方
砲撃地点は……………ちょっと待ってくれ、ドローンの映像を転送する』 無線機に耳を傾けつつ、俺は息を吐く

あなたも好きかも:メガ オーダイル
 俺とクランの2人が待機しているのは、タンプル塔の地下に用意された中央作戦指令室

とはいえまだ地下の設備の規模は小さく、メンバーの寝室よりも若干広い中世の城の中のような部屋に、無造作にテーブルや無線機を置き、壁に大きな世界地図を張り付けた程度だ

 シュタージには坊や(ブービ)と木村もいるんだが、あの2人にはもう既に36cm砲のうちの1門へと向かってもらっており、そちらで砲撃を担当してもらう事になっている

 タンプル塔の36cm砲は、口径ならば旧日本軍の金剛級戦艦や扶桑級戦艦と同じだ

しかし発射できる砲弾はより種類が豊富で、通常の榴弾や徹甲弾に加え、無数の鉄球を地表へとまき散らすキャニスター弾や対空用の対空榴弾なども用意されている

しかし、やはり破壊力が最も高いのはタクヤからの要請があったMOABだろう

 MOABは、アメリカで開発された大型の爆弾だ