9がつく日 スロット 大阪

9がつく日 スロット 大阪

カウルゼンツ以外が負うん有らないように王族の血筋を一掃したり、貴族も貴族籍を剥奪したり国から追い出したり富を奪ったり

何とか残った貴族がいても、そもそも民が貴族のことをどう思うか、新たに王が立っても前にいろいろやらかしている王の存在もあって王という存在自体にいい思いを抱かないだろう

ならどうするか、というと

あなたも好きかも:スロット マジェスティック プリンス 天井
国を捨てるという判断になる

いや、さすがにそれは突飛が過ぎるというか、行きすぎな気はするだろう

 現実にあったのはニネフォスという国の崩壊だ

あなたも好きかも:カジノ 44億
かつて神の剣によって樹立した国はその神の剣を取り戻した者によって滅びた

そういう話になったのである

さて、国がなくなったからと言ってそこにあるすべてが滅び去るわけではない

あなたも好きかも:川崎駅 パチスロ
国が成立しなくなっても人々は生きているし、建物は残る

彼らだって生きる以上ルール無用の世界を作るわけでもない

国がなくなったというが、要は王国としての低を成さなくなった

まあ王族が滅び、次に立つ王族も王としてやっていけそうにない状態で王になろうというものもろくになく、そもそも財政的にも破綻しそうな、兵士の大量死が出てしまった状況で果たして国としての運営を続けられるのか、ということになってくる

まあ、それでもやらなければいけないこともあるが今回ニネフォスではそうはならなかった

 ニネフォスの住人は分散し近隣国に移動した

あるいはニネフォスであった土地が近隣の国に加わることになった

土地を捨てる者もいれば土地ごと鞍替えする者もいる、まあ貴族たちも自領地を奪われていない人物も多い

そうした人物たちの下で彼らは他国の力を借りることとなった

もちろんそうはせず土地を捨てず、国と国の間の空白となった場所もあった