阿見 パチンコ店

阿見 パチンコ店

もう見た目からして、嫌な予感しかしない

「ここ……?」俺が尋ねると、ナーニャは頷く

セイは唖然として、建物を見上げている

シズカ姫は難しい顔をして腕を組みながら「元武家屋敷だね

建物の造りがそうだよ」「そうなのか……」「ふーむ……破綻の耽美さを、全身に現わしているような 屋敷だな

一切修繕をした跡が無い

 自由とは孤独と表裏一体であるということか、やるじゃないか……」セイは芸術的感性が反応したらしくいきなり知能が高そうなだが意味不明なことを、呟き始めた

「と、とにかく入ろうよ」ナーニャが傾いた門を押しのけて中へと入ろうとすると「早まるでない!」中からしわがれた老婆の声が聞こえてきた

あなたも好きかも:滋賀 パチンコ コスモプラザ
「お、おばあさん?どうしたの?」傾いた門の中から顔を出した白髪で皺だらけの老婆は、大きな二つの眼で一歩下がったナーニャを見つめて「ここは、キョウ一の浮世絵師、 ナンカイの屋敷なのは知っておるな? 良いのかえ?一歩足を踏み入れれば、 地獄の窯が開くかもしれんぞ?」セイはゾクゾクと身体を震わせると「おい、婆さん、セイ様、 それを見に来たんだ

あなたも好きかも:北海道 パチンコ イベント日
入るぞ!」勝手に門の中へと入って行った

あなたも好きかも:パチスロ 借金 返済
老婆はため息を吐いて「……良かろう

入るが良い」俺たちに手招きしてくる

ナーニャは、「わっ、私もそれを見に来たの!」セイの真似をして、中へと入っていき俺とシズカ姫は、顔を見合わせて先ほどよりさらに嫌な予感を感じながら門の隙間から雑草だらけの屋敷内へと入っていく

セイとナーニャは、勝手にズカズカと屋敷内の端へと庭を進んで行く

俺とシズカ姫は、一応、老婆に話を訊こうと「あの、ご迷惑じゃなかったですか?」よく見るとボロボロの屋敷と対照的にきちんとした着物姿と髪型のその老婆へと低姿勢で、尋ねてみると「いや、良いのじゃ

わしはケムタ・タマエ

 この屋敷の元所有者である、ケムタ家のものじゃ」「ナンカイさんの母親なんですか?」「いや、血の繋がりは無い

 ナンカイは、資金繰りに窮した我が家から この屋敷を買い取っただけよ