亘理 ぱちんこ

亘理 ぱちんこ

 そして、次に服をめくって、隠れている特長を見せようとする

あなたも好きかも:住之江公園 周辺 パチンコ
「そうか

いや、見せんでもよい

あなたも好きかも:東大阪 ガリバー スロット
ぬしにも色々あったのじゃろう」 その手を握って止める

 童(わらわ)も同じことをしていたからこそ、見る必要など感じなかった

そこには童(わらわ)のむしられた翼と同じか、それ以上に悲惨な傷が残っているだろう

 すぐに童(わらわ)は次の話へ移ろうとする

 「しかし、ぬしは、その――そうじゃ! 我が弟を、ぬしぬしと呼ぶのは、なんだか姉として嫌じゃぞ! ぬしの名前っ、まだ決まらぬのか!?」「あ、は、はい……

あなたも好きかも:パチンコ 月曜日
決まりません……」「自分の好きな言葉を考えるだけでいいのじゃ! 自分そのものを言葉にするだけじゃ! すぐじゃろう!?」「そんな、自分なんてわかりません

好きなものなんて、ありませんし……」 弟は困ったような顔を見せる

 とはいえ、その気持ちも童(わらわ)はわかってしまう

もし、お爺ちゃんお婆ちゃんに名前を貰えなかったから、同じことを言っていたに違いない

 だからこそ、このまま弟が名無しであるのは耐えられなかった

なんだか、とにかく嫌だった

 そして、自然と口が動く