ルナーレス パチンコ

ルナーレス パチンコ

あなたも好きかも:スロット ウィザードバリスターズ 天井
「それほど、エリファス様の根元となった古い絵本は、古の存在でございましたか」僅かに透け始めた手に懐中時計を握りしめながら、少年の姿の執事は純粋に驚いていた

人の力では精々書物や逸話や記録、そして遺跡などから、過去の遺跡を掘り返し、書物と照らし合わせて考察するぐらいの事しか出来ない

あなたも好きかも:あすかの部屋 スロット
執事としても優秀だが、賢者ピーン・ビネガーの助手としても役割を果たし存在していたロックは王都の学者並みの知識を有しているが、少名毘古那神が念で伝えて来る事は十分な驚きに繋がる

けれど、やんちゃ坊主の神様からしたなら"自分の一眠りの間に紡いだ人の歴史"程度の価値観しか持てないので―――《じゃあ、影の方はその時計を、何処に運んで、行けばいいんだ?》と、手を差し伸べて、執事の少年が持っている懐中時計を受け取ろうとする

だが差し出された手に気が付いているのに、ロックは時計を手にしたまま、そちらの方に視線を向けようとはしない

これには下唇を出して、、少名毘古那神は少々面白くなさそうな表情を浮かべる

《何だよ、さっきあんなこと言っていて、その時計を、お前にとって、大切な場所に持って行かなくても良いのかよ》「すみません、けれども"運んで"いただく必要はないと思います」そして、少年の姿をした神様の後方を見つめる

《何だ、そういう事か》少名毘古那神は己越しに視線を向けた事で、執事の"願い"を直ぐに理解する

小さく鼻から息を吐き出し、帯を巻いている腰に手を充てる少年の癖っ毛の頭の上で、多邇具久となっている使い魔だけが、ぺたぺたと方向転換していた

「はい、赦されるならば、今こちらにシュトが身に付けている、あの紅黒いコートと一緒に、この時計を、お願い出来ますか」そう口にしたなら、時計の蓋を閉め、懐中時計をゆっくり胸の前で本当に祈り願うように抱き締める

「異国の神様、お願いできますか」エリファスからも願う言葉が口に出され、そちらの方にも興味をもって少名毘古那神は視線を向ける

人としてこの世界に現れて、"初めて恋した相手"の幸せを願う情の深い女神に相応しい優しい眼差しを己に向けていた

あなたも好きかも:京都 パチンコ 事情
これには腰に当てていた手を外し、今度は八重歯の見える口から大きく息を吐き出していた

《まあ、オレがこのルイって身体に残っている内に、あの黄金色の兄ちゃんとコートの兄ちゃんに伝えとくよ

それか、オッサンが察しが良いだろうから、多分オレの伝え方でしくじっても、ちゃんとしてくれるさ》相変わらず"オッサン"に対しては無条件の信頼を口にする少名毘古那神に、使い魔のカエルが呆れた様にゲコっと鳴き声をあげていた

だが執事は、その無条件に敬愛する存在に信頼を寄せるその様子に、力を使うと判っていながらも、瞳に涙を浮かべてしまう

―――おーい、ロック