スロット バジリスク絆2 bc

スロット バジリスク絆2 bc

 本来なら「慣用句」「故事成語」かもしれない言葉すべてを独自に表せないと書き手として失格です

 実際「小説賞・新人賞」の一次選考でも「慣用句」「故事成語」は厳しくチェックされているようです

 ここでウルトラCがあります

 それは「異世界ファンタジー」であっても「主人公を異世界転生・異世界転移させ」て、現代日本人を主人公にしてしまうやり方です

 近頃とみに「異世界転生」「異世界転移」の作品が増えたのも、実は「書き手が言葉に自信を持てない」からです

 異世界人を主人公にすると「慣用句」「故事成語」の壁が立ちはだかります

しかし現代日本人が主人公なら、書き手が知っている表現を制限なく使えるのです

 おそらく「異世界転生」「異世界転移」はそのうち下火になります

あなたも好きかも:スロット 北海道
「小説賞・新人賞」を獲る作品に「異世界転生」「異世界転移」が選ばれなくなると想定するからです

 なぜそんな想定が可能なのか

あなたも好きかも:パチンコ バジリスク 天井期待値
 供給過剰だからです

「異世界ファンタジー」はけっして「異世界転生ファンタジー」でも「異世界転移ファンタジー」でもありません

「異世界を舞台にしたファンタジー」を指しているはずです

 であるなら、いつまでも「異世界転生」「異世界転移」が幅を利かせていられると思うほうが浅はか

時代はいずれ純粋な「異世界ファンタジー」へと回帰するでしょう

 そのとき「慣用句」「故事成語」に詳しい書き手が大賞を射抜きます

最後に 今回は「自分の頭で考え、自分の言葉で表現する」について述べました

 どこかの誰かが書いたものを、あなたが書いたところで正当には評価されません

 あなたが自分の頭で設定を考え、あなた自身の言葉で表現するから、あなたが書く意義も生じます