パチンコ 小説 アメリカ

パチンコ 小説 アメリカ

この様な扱いなのだから、それなりに重要な人物なのだろう

そう考えていたら、声をかけられた

「お前も、あの夜アルバンに居たのか?」それは、鋼のような深みのある声だった

ディノやヒルド、ゼノーシュやアルテアも含め、人外者の声には美しいという区分の中にもそれぞれの個性があるが、この声はざらりと低いからこそ甘く美しい声音である

そして、ネアが無意識に比較した相手が全て人外者ということは、恐らく人間ではないのだろう

「あの夜というのがいつかはわかりませんが、アルバンの山に行ったことはあります」「であれば、お前が?……いや、足りないな」「……っ!」「ジゼル殿!」不意に伸ばされた手に顎を持ち上げられて、ネアは驚きに息を飲んだ

あなたも好きかも:偽物語 パチンコ 甘 カスタム
慌てたグラストが止めに入ろうとして、男のもう片方の手に制される

多色の瞳か

歌乞いとしては、魔物に好かれそうだな」フードの陰りの中に、鮮やかな紫の瞳が見えた

あなたも好きかも:パチンコ 新牙狼 保留
予測に違わずとても美しいが、その目は虫けらでも見る様に冷ややかだ

あなたも好きかも:パチンコ 廃業届
「あなたの種族のお作法は存じ上げませんが、この行為は人間の中では無作法にあたるものです

お手を外していただけませんか?」「………何だと?」グラストはネアに、この客人に礼を欠かさぬ様にとは忠告しなかった

そして、あえてこの場で紹介をさせることもなかったのだから、この程度の反論は許されるだろう

いきなり顎を持ち上げられるとむち打ちになるかもしれず、ネアは不快感に眉を顰める

「………っ?!」次の瞬間、顎にかけた手をネアの首に伸ばそうとした男は、その手をネアにはたき落とされた

ジゼルと呼ばれた男が驚愕に目を瞠ったのは、俊敏性云々以前として固有結界があるのでそうそう動きを制限されることがないからだが、ネアはそれを知らない

初対面の女性の首に手を伸ばそうとして、拒否されるとは思わなかったのだとしたら、どれだけ甘やかされたのだろうかと、その驚きにすら生温い気持ちになる

「………お前、何の加護を受けている?魔術可動域はふざけた低さだが……」「他人の心の傷に、よくも塩を塗り込みましたね……!」その直後、ジゼルは決定的な過ちを犯した

目の前の謎めいた生き物をよく見ようと、髪の毛を掴んで顔を寄せようとしたのだ