北斗dd パチンコ ラムクリ

北斗dd パチンコ ラムクリ

もう動いて大丈夫なの?」「ああ、大丈夫だよ」「ホントに?無理してない?」心配そうな表情を見せる里沙が僕を見つめる隣で、道を開けてくれた百花も話しかけてくる

「立ち話もなんだし、中に入って座った方がいいんじゃないかしら?」「ああ、ありがとう」席に案内してくれる百花に感謝しながら、ひとまず席に着いてみる

テーブルを挟んで向かい側の席に座る里沙と百花の二人に再会の挨拶をしつつ

あなたも好きかも:南 明奈 パチンコ
久々の会話を交わすことにしてみる

そんな僕達の姿を横目に見ていた淳弥が、何かを手に取ってからテーブルの上に置いてくれた

「これなんだけどな…」…ん?…あれ?…これってもしかして?淳弥が差し出してくれたのは僕の鞄だった

元々、少し大きめの鞄ではあるんだけど

何故か今は、僕が詰め込んでいた以上の大きさに膨らんでしまっている

それを見て戸惑ってしまう僕に淳弥が問いかけてきた

あなたも好きかも:ひろゆき パチンコ
「中はまだ確認してないが、御堂の鞄だろ?」…あ、ああ

そうだね

「間違いなく僕の鞄だよ

でも…こんなに詰め込んだ覚えはないよ」何かがおかしいと思いながら、鞄に手を伸ばしてみる

そして鞄を開いて中を覗いてみると、そこには何故か見覚えのあるものが押し込まれていた

「これってもしかして…?」あれだよね?でも、どうしてここに入ってるんだろうか?見覚えはあるんだけど

どうして『それ』が『ここ』に入っているのかが理解出来なかった