パチンコ エルドラド 評価

パチンコ エルドラド 評価

 それと同時にシヴァへ蹴りを放ちシヴァを吹き飛ばしたが、三叉槍《トリシューラ》による流血は治まらなかった

【この感覚も久々だ……! そういや俺ァ、打撃は効くんだったな……! 痛みってのは久々に味わうと快感に近くなりやがる……まあ、痛ェのは嫌だけどな……!】 その傷口に手で触れ、血液を軽く舐めて呟く魔王《ライ》

 独り言のように痛みを味わう魔王(元)だが、魔王《ライ》としてではダメージを負い過ぎれば身体が砕けて戦えなくなる

 なので少しは反省する様子だった

あなたも好きかも:エウレカセブン スロット 初代 曲
(……へえ? この空間じゃ、身体の持ち主がダメージを負っても俺は痛くないのか……便利なもんだなぁつくづく……) そんな魔王(元)を無視し、本体がダメージを受けても自分にはダメージが無い現状を実感して笑うような声音で言うライ

 元の身体に戻ったときその痛みは感じるのだろうが、取り敢えず今は関係無いので高見の見物を楽しんでいた

あなたも好きかも:sankyo パチスロ ゴルゴ13
【クク、だがあの支配者はやるな

俺の攻撃を何度受けても自分を創造して再生しやがる……事実──】 そんなライに向け、淡々と言葉を綴る魔王(元)

 魔王(元)は戦える現実と自分に相応しい強敵を前にして楽しんでいるが、再生が厄介だと告げた

 そして言葉を途中で止め、言葉を続けて話した──【──もう傷が癒えて俺の前に現れやがったぜ……!】「……」 ──魔王《ライ》の蹴りを受け、再び数兆キロ先まで吹き飛んだであろうシヴァに向けて

「……」 第三の眼を開眼させた事によって口数が少なくなったシヴァだが、その楽しそうな表情から性格は変わっていないと言う事が分かった

あなたも好きかも:パチスロ 基礎知識 art
【……それにだな、もう直ぐ限界だぜ……】(……そうか……どうする?) そしてそんなシヴァを見た魔王(元)はライに向けて話す