パチンコ 信奈

パチンコ 信奈

「別にそんなに難しく考える必要はないでしょう? 考助がやっているように、拠点を作ればいいだけなんだし」「あれ? そんなことってできるの?」 首を傾げた考助に、アスラが少し呆れ気味に答えた

「できるわよ

というか、考助だって建物の移築位は召喚陣でできるでしょう?」「・・・・・・ああ

あなたも好きかも:パチンコ 感謝デー 2021 岩手
そういえば」 すっかりそのことを忘れていた考助は、言われて初めて思い出したという顔になった

あなたも好きかも:アイドル ぱちんこ
 考助の様子に呆れたようにため息をついたアスラは、「まあ、いいわ

考助が良いっていうんだったら、拠点くらいはこっちで用意するから」「そうなの? それって、僕が住む家とかも用意してもらえる?」「えっ!? 考助も住むの?」 アスラは、てっきり塔のときと同じように転移門を設置して行き来するだろうと考えていたので、考助の言葉に驚きを示した

 そのアスラに考助は、一度頷いた

折角だから、行方をくらませようと思ってね」「ああ、なるほど

あなたも好きかも:スロット 当たり やすい 台
そういうことね

それなら、そういう目的の建物を用意するわよ」 考助の目的を察したアスラは、すぐにそう請け負った

 いま考助が、自分が関わってきたものの代替わりを目指して動いていることは、アスラも知っているのだ

「そう? お願いしていいかな?」「わかったわ

その辺は任せて

場所はどうするの?」「うーん

できればセントラル大陸が良いかな? 神域でもあるし

あとはそっちの都合に任せるよ」「そう

だったら、連れて行く眷属を決めておいてね

それによって場所も変わるだろうから」「わかったよ

今日中に考えておくから、明日には伝えるよ」「あら