パチンコ 胡散臭い 店

パチンコ 胡散臭い 店

「……………呪物が妖精になったということが、俺に関係があるのですか?」「ええ

あまりいい履歴の品物ではないので、引き取り先に困っていたところ、ヒルド様から是非にロギリオス様ならと」「…………ヒルド殿からであれば、お受けしますが

………その妖精の面倒を見ろという話でしょうか」「ロギリオス様が遠征で王都を離れていた時期に、再び、あの時のような呪物での事件が起きたのはご存知ですか?」「……………はい

戻ってからの報告で」正直、期待外れの訪問の上、その時のことを思い出すのは堪えた

「その呪物が、グリシーヌの妖精達に渡りましてね

詳細はガレンの守秘義務に触れるので言えませんが、変質した結果、妖精となった次第なのです」(…………だからか)だからなのかと、座り込みたいような思いでその言葉を噛み締めた

あなたも好きかも:旅行先 ルーレット
以前の呪物事件で愛する者を失った自分に、今回の呪物事件で変質したものから派生した妖精を預けて、心の傷を緩和しようとでもしてくれたのだろう

あなたも好きかも:コードギアス 反撃 スロット 朝一
恐らく変異したのは呪物の被害者だ

お互いの傷を舐め合い、双方で支えになれと

あなたも好きかも:スロット 千葉
(でもそれは、あまりにも酷な仕打ちではないか……)もしそれが彼女ならばと、ロギリオスが考えない筈もないというのに

「実は今日、その妖精を連れてきているのです

櫛の形をした呪物ですので、少し小さな妖精になってしまいましたが、今日からお世話いただければと思うのですが」「………ガレンの方々は、仕事が早いですね」彼女が亡くなった日もそうだった

ロギリオスが駆けつけたときにはもう、被害者達は浄化されてしまっており、術師も死んで呪物すら残っていなかったのだ

奥歯を噛み締めて意識して羽を畳み、エゴンという魔術師が差し出した銀色の鳥籠を受け取って布の覆いを外す

「ゲルタと申します」美しい銀色の篭の中で、そう名乗って優雅にスカートの裾を摘まんでお辞儀をしたのは、赤い縮れ毛に切れ長の目をした小さな妖精だった

藤色の小さな妖精の羽があり、おさまりの悪い赤毛は誰かが手を加えたのか、綺麗な編み込みにされていて藤色の小花を飾っている

「……………ロギリオス様?」こちらを見上げていた妖精が驚いたように目を瞠って初めて、自分が泣いていることに気付いた

首を振って涙を止めようとしたが、上手くいかずに何度も頷いた

「ロギリオス様、そちらの妖精の引受人となる旨、ご契約のサインをいただいても?」エゴンの声には穏やかな微笑みが滲んでいる