ダンまち スロット ボーナス中

ダンまち スロット ボーナス中

 あちこちに感じていた生き物の気配は無くなっており、一部からは血の臭いが漂っていた

「滅茶苦茶だな……環境を破壊している……沼地にと生物が居るだろうに……支配者の側近がそれで良いのか?」 槍のような豪雨が降り注ぐ中、土魔術の傘を造って雨を凌ぐフォンセはオターレドに向けて言う

 しかし土魔術の傘にも所々穴が空いてしまい、再生させるのにも少し時間が掛かっていた

あなたも好きかも:なのは スロット リリカル目
「ハンッ! 雨っていうのは恩恵をもたらすけどそれと同時に破壊ももたらすのよ! それが自然の摂理! この星の管理は主に私がしているわ! 増え過ぎた動物は悲しいけど環境を整える為に流さなきゃならないのよ! つまり、此処に居た動物の殆どが数を減らす対象なのよ!」 曰く、オターレドは星の管理と同時に環境を整える為に動物の処分を任されていると言う

 増え過ぎた生き物は時に破壊を招く

シヴァは星を創造するがその星を管理する為にも時に生物を消し去るらしい

「……ふむ、よく分からないが……まるで神にでもなったようだな……いや、元々この星にとっては神そのモノか

あなたも好きかも:スロット 回胴性ミリオンアーサー 天井
創造者の側近だからな

あなたも好きかも:パチスロ サイボーグ009 中段チェリー
どちからと言えば天使か? 取り敢えず、それがお前の使命のようなモノなのか」 オターレドの言葉を聞き、考えながら話すフォンセ

 オターレドのやっている事は生き物の選別

 正義感の強い者なら反発しそうだが、オターレドが消し去っているのは悪魔で生態系に大きく影響しそうな生物

そしてその生物も大量に消している訳では無い

 増え過ぎた最悪の場合を想定して消しているのである