リノ スロット トマト

リノ スロット トマト

『任務の壱 高利貸しから借金の証文を盗み出せ!』 そんな音声が聞こえてきたと同時に、くノ一が塀に囲まれた日本屋敷の前に辿り着く

 すると、それを上空から見下ろしていた俺の視界が切り替わり、くノ一から見る視界となった

プレイヤーとして、くノ一キヨコに乗り移った形だ

「よし、それじゃあステルスアクションゲーム、ミッションワンだ

あなたも好きかも:ルレット チャコペーパー なし
おっと、声はひそめなければいけないか」『大丈夫ですよ、ヨシムネ様

オプションで配信用に、声を出しても人に気づかれないよう設定してあります』「お、ありがとうヒスイさん

やっぱ思考読み取りでのやりとりより、声に出して会話したいからな」『いつもの声と違うけどな』『この女忍者、格好エロくないな』『くノ一はエロくてなんぼなのに』『ヨシちゃんの配信チャンネルは健全なチャンネルです!』『健全だからこそ可愛い格好をだな……』 俺は、暗色の忍び装束に身を包んだキヨコの身体で腕を組むと、視聴者に向けて言った

「ステルスゲームだっつってんだろ! 闇夜に忍ぶんだよ! お色気バトルアクションじゃねえ!」 そんなぐだぐだな会話と共に、俺の忍者なりきりプレイが始まるのであった

あなたも好きかも:禁煙 パチンコ 東久留米
さて、屋敷に侵入……する前に、いろいろと確認だ

あなたも好きかも:ドラクエ 4 移民 の 町 カジノ
 まずは装備から

 背中に忍者刀、腰にクナイ、懐(ふところ)には手裏剣一つと、まきびし入りの袋、小さな手鏡、そして小さな爆弾のような物体が二種類入っていた

「煙玉か……? 導火線があるけど、火はどうすんの?」 そう思って煙玉らしき物を月光にかざすと、視界に文字が表示された

『かんしゃく玉:大きな破裂音を出して相手の気を引く忍具

導火線に火遁の術で着火する』 ふむふむ、かんしゃく玉か

もう一個は煙玉、と

そして、火遁の術があるわけね

『火遁の術:火よ出ろと念じることで、小さな火種を手元に出現させる忍術

おそらく、これ単体では攻撃には用いることはできないだろう』「忍術しょぼいな!」 俺は、指先にライター程度の勢いしか出ない火を灯しながら、そんな突っ込みを入れた